お腹が空きにくくなる方法

 
痩せたいなら睡眠時間を確保しよう
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ダイエットと心理学の専門家。2005年より人体の仕組みと心理学を融合したまったく新しいダイエット法を考案。現在までに、3000人以上のダイエット希望者を指導、目標体重・目標体型へと導く。

さて、以前の記事で、「痩せるには体温と睡眠が大事だ」とお伝えしました。
体温についてはこちらの記事でお伝えしたので、今回は痩せる為には睡眠がどれだけ大切かをお伝えしたいと思います。

ダイエットと睡眠の関係

私がダイエットの相談を受ける時、一番最初にする質問があります。
それは、食事でも運動でもなく「睡眠」についてです。

もちろんアトから食事や運動についてもお聞きします。
ですが、まずは毎日の睡眠時間を確認させてもらいます。

それから、睡眠の質についてもですね。
質というのは、何時に寝て何時に起きるかとか、トイレに何回起きるかなど、ようするに睡眠の中身のことです。

 

なんでそんなに睡眠のことを確認するのか?
実はこの「睡眠の時間と質」次第で、ダイエットが楽になるか辛くなるかが決まると言っても過言ではないからです。

もっと言うとこれは大げさではなく、

睡眠不足=ダイエット失敗に近づく

良質で十分な睡眠=ダイエット成功に近づく


と言えてしまうほど、睡眠の「時間」と「質」でダイエットの成否が決まります。

ですからもしあなたが、「ダイエットを頑張っても、いつも目標体重に届かない」というのであれば、まずはぜひ睡眠時間を増やしてみてください。

 

なぜ睡眠時間を増やすと痩せるのか?

その理由は3つあります。
まず一つ目の理由は、睡眠時間と食欲は「反比例する」ということ。
これはどういうことかというと、
睡眠時間が少ない人ほど「お腹が空きやすい」ということです。

たとえば徹夜明けであったり、睡眠が十分に取れなかった翌日、いつもよりお腹が空いてたくさん食べてしまった、という経験はありませんか?

そして反比例ということは、当然“逆のパターン”もあります。
逆というのはつまり、睡眠時間が十分ならば「お腹が空きにくくなるということです。

 

この『リアル・ダイエット』ブログでお伝えしたいのは、こういうことです。
つまり「できるだけ体にも心にも負担をかけないで痩せるにはどうするか?」をお伝えするということ。

 

心に負担をかけないというのは、具体的には「できるだけ我慢をしない」ということです。
お腹が空いてる時、食べるのを我慢するのは辛いですよね?

それに1度や2度は我慢できても、毎回何度も我慢できるとは限りません。
我慢
が積み重なって、いよいよ限界に達した時・・・
多くの人はそこで気持ちが切れて、ドカ食いをしてしまいます!

ドカ食いをして、それまで我慢したのが無駄になるような量の食事を食べてしまう。
するとドカ食いをした自分を責めてしまい、自己嫌悪になってしまいます。
そして「もういいや」となり、更にドカ食いをしてしまう!

こんな経験をしたことがある人は、とても多いと思います。

 

ドカ食いは連鎖する?

ちょっと話が脱線しますが、人間って自己嫌悪になると次に何をすると思います?
実は自己嫌悪になり、自分を責めてしまうと、次にするのは「自分が嫌がること」もしくは「自分が傷つくこと」です。

「ダイエット中に自分が嫌がること」といえば、「体重が増えること」ですよね?

つまり、1回ドカ食いをするとそれを悔いて、自己嫌悪になる。
すると今度はそんな自分を責めて、自分が嫌がること・・・
つまり「自分の体重が増えること(次のドカ食い)」をしてしまいます。

 

そしてそれも後悔して、さらに自己嫌悪に。

そしてまた食べてしまう。

「ダメだと分かってる」のに食べてしまう・・・。

 

顕在けんざい意識」(自分で意識できる感情)では「ダメ」と思っていても、それよりも強い「潜在せんざい意識」(自分では意識できない深層の感情)では、「自分嫌い」「もっと自分を痛めつけろ」という命令を出してしまう。

そしてまた「ダメだと分かってるのに食べてしまう」。
これがドカ食い連鎖の正体です。

 

睡眠時間と食欲は「反比例」する

そして話を戻しますが、「お腹が空いてる時」に食べるのを我慢するのは辛いですよね?
そして冒頭で、『睡眠時間と食欲は「反比例する』とお伝えしました。

ですから、十分な睡眠をとることで、余計な食欲を減らすことができます。

 

「そんなバカな」と思うかもしれませんし、もちろん食欲を完全になくすことはできません。
むしろ食欲とは体からのサインなので、それに従って食事をすることは大事なことです。
ですが余計な食欲は必要ありません。

余計に食べるから太ってしまうのであって、余計な食欲を排除することで、無理なく体重をコントロールしていくことができるようになります。

ここまでをまとめますと、「なぜ睡眠時間を増やすと痩せるのか?」の一つ目の理由は、きちんと睡眠をとることで、余計な食欲をなくすことができるから」です。

 

二つ目の理由

そしてここからは、「二つ目の理由」についてです。
できるだけ簡単にお伝えすると、人間は睡眠をとらないでいると、たったの2日で正常な判断ができなくなっていきます。

ちなみに、3日寝ないでいると怒りやすくなり、ささいなことでもイラだつようになります。
そして5日間寝ないでいると、幻覚症状が現れるそうです。

それほど体への影響が大きい「睡眠」ですが、正常な判断ができないと何が問題なのか?

 

それはまず、先ほどお伝えしように睡眠が不足していると、食欲が増します。
その食欲が増してる状況で、正常な判断ができない(判断を誤りやすくなる)とどうなるか?

「いいや、食べちゃえ」
「甘いものは別腹」
「明日からがんばろう」
となるのは火を見るよりも明らかです。

・・・さきほどは「我慢してそれが限界に達した時」と書きました。
ですが、そもそも「我慢をしない」という判断をしてしまうのが寝不足の時です。

そりゃあ、そうですよね
寝不足で普段よりも食欲が増しているんです。
しかも正しい判断ができにくくなっているんです。
だったら食べてしまうのは仕方がありません。
ドカ食い

ですが、あなたを含むそんなことを知らない人は、食べてしまった自分に対して自己嫌悪・・・。
そして先ほどお伝えした、自分が嫌がることをするルーティンへと突入しドカ食いを繰り返していきます。

 

「自分は寝不足じゃない」と思いますか?

ここまで読んで、もしかしたらあなたはこう思うかもしれません。
「寝不足ネ・ブ・ソ・クって、べつに毎日寝てはいるわけだし・・・」
たしかにそうですね。

ですが例えば、1日7時間寝るのがベストな人がいるとします(ベストな睡眠時間は人によって異なります)。
その人が、毎日5時間しか寝ていないとしたらどうなるでしょう?

ベストな7時間から、実際に寝ている5時間を引くと、毎日2時間ずつ足りないということになります。
すると1週間で、14時間足りなくなる計算です。
14時間というは7時間×2日分、つまりベストな睡眠時間の2日分です。

これはつまり1週間単位で考えると、2日寝ていないのと同じ状態ということになります。
2日寝ていないとどうなるんでしたか?
そうです、正常な判断ができなくなっていきます。

 

さて、あなたのベストな睡眠時間は何時間でしょうか?
そして普段、何時間寝られていますか?

自分でも知らず知らずのうちに、あなたも睡眠不足に陥ってはいないでしょうか?
たとえば最近・・・
「いいや、食べちゃえ」
「甘いものは別腹」
「明日からがんばろう」
・・と思ったことはありませんか?

もしあるとしたら、あなたが自覚していないだけで、あなたも睡眠不足になっているかもしれません。

 

もっと大きな問題

そして正常な判断力が不足してくると、もっと重大なミスを犯してしまいます。
それは我慢できるできないの問題よりも、ダイエット的にもっと大きな問題!

睡眠不足で判断を誤りやすくなると「食事の内容」、それから「食べる時間」まで判断を誤りやすくなるということです。

食べたいもの食べたいだけ食べたらどうなるか?
それをいつでも食べたい時に食べたらどうなるか?
当然、どんどん体重が増えていきますよね?

睡眠不足で判断力が落ちてくると、ダイエットをしてることを都合よく忘れて、食べたい気持ちが勝ってしまう回数が多くなります。

 

しかも睡眠不足でお腹が空きやすくなっている・・・。
そしてお腹が空いているところに、判断力が低下・・・。
さらに食べる「もの」も「量」も「時間」も、欲望のままになりやすい・・・。

そんなダブルパンチ、トリプルパンチの中では、誰だって食欲に勝つことはできません。

 

ですからそんな勝てない状況になる前に、もしくは今現在なっているなら尚更、「出来るだけ睡眠時間をとるようにしてください」というのが、いつも私の最初のアドバイスになっています。
そしてこのアドバイスを実践した多くのダイエット希望者においては、その効果が実際の体重の変化となって現れることが多いようです。

 

そして、「なぜ睡眠時間を増やすと痩せるのか」の三つ目の理由。
また、「じゃあうまく睡眠をとるには、どうすればいいのか?」については、記事が長くなってしまったので、また次回書きたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ダイエットと心理学の専門家。2005年より人体の仕組みと心理学を融合したまったく新しいダイエット法を考案。現在までに、3000人以上のダイエット希望者を指導、目標体重・目標体型へと導く。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リアル・ダイエット , 2020 All Rights Reserved.