あなたはナゼ痩せたいのですか?

 
あなたはナゼ痩せたいの?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ダイエットと心理学の専門家。2005年より人体の仕組みと心理学を融合したまったく新しいダイエット法を考案。現在までに、3000人以上のダイエット希望者を指導、目標体重・目標体型へと導く。

前々回の記事で、「やらないことを決めると痩せる」という話をしました。
ただこの「やらないことを決める」って案外難しいんですよね。

その為にまずは「あなたの痩せたい理由」をハッキリさせましょう。

 

痩せたい理由の見つけ方

何度もいいますが、「痩せること」自体が目的になっている人は、なかなかダイエットに成功できません。

自分が「痩せてどうしたいのか?」「どうなりたいのか?」が、ハッキリ思い描けていないと途中で挫折しやすいということです。

さてあなたは、何の為に痩せたいのでしょうか?
実はその参考になる記事があります。

この記事で詳しくお伝えしていますが、実はみなさんダイエットをしているのは、自分の「見栄えを良くしたいから」なんですね。

ただ、この「見栄えを良くしたい」という気持ちに気づいてもまだ足りません。
ではあなたは、「見栄えを良くしてどうしたい?」のでしょうか。

 

「異性にモテたいから」なのか、「アイツを見返したいから」なのか、「自分に自信が持ちたいから」なのか。
色々あるかと思いますが、この部分がハッキリしていないと、ダイエットの成功率はかなり下がってしまいます。

逆にいうと、「痩せたい理由」がハッキリしていると、ダイエットの成功率はかなり上がるということです。

 

なぜダイエットの成功率が上がる?

ナゼ「痩せたい理由」があるとダイエットの成功率が上がるのか?
それは毎日の生活の中において、ダイエットの優先順位が上がるからです。

毎日毎日、仕事もしくは学校、そして家でやることなど、あなたがやらなければならいことは朝から晩まで詰まっています。

 

その中で、やらなければならないことよりも、ダイエットの優先順位が高くなければダイエットは成功できません

 

1日は24時間です。
これは、女性でも男性でも変わりませんし、大人も子供も同じです。
もっと言えば、総理大臣有名人も、そして我々のような一般人も、みんな1日は24時間しかないのです。

 

つまり、24時間という「入れ物」の中に「何を入れているか?」が、毎日の生活ということになります。
そして、多くの現代人は、その「入れ物」の中に、ギュウギュウに詰め込み過ぎているように思います。

 

特に現代人は、1日24時間が、すでにギュウギュウになっているのに、さらに何かを詰め込もうとして、疲れ果てています。

そりゃあ、疲れますよね。

次から次へとやることが押し寄せてきて、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と思っているところに、更にやることが増えていく・・・。

 

あなたのダイエットは、この「更に増えたこと」の一つになっていないでしょうか?

もうすでに、1日にできることの限界を超えている場合、更に何かを始めてみても、それがうまくいく確率は、限りなく「ゼロ」に近いです。

 

ですから、「何かをやる時」には、「何を止めるか」を決めてください

たとえば、今までテレビ番組を24時まで見ていたのを23時までにするとか、家に帰るのが20時だったのを色々と調整して19時までに帰るようにするだとか。

24時間という入れ物の中に、「新しい何か」を入れるのであれば、まずは「何かを取り出す」ことをしてください。

クローゼットの大きさは決まっています。
新しい洋服や鞄を入れるなら、取捨選択をして、何かをそこから出さなければなりません。

 

その取捨選択する時に必要なのが「痩せたい理由」です。

 

あなたはナゼ痩せたいの?

さて、ここまで読んでくれたあなたに質問をします。
当然、アノ質問です。

あなたはナゼ痩せたいのですか?

 

ここでこの質問に答えられるかどうかで、あなたのダイエット成功へのスピード成功率が変わるといっても過言ではありません。
それほど、「痩せたい理由」というのは大事なんですね。

 

もしただ単に「とにかく痩せたい」とか「目標はマイナス5kg」と言っているだけですと、なかなか痩せるのは難しいかもしれません。

 

そして改めまして、ナゼ「痩せたい理由」が大事なのか?
それは、「目的がない目標は達成することはできない」からです。

 

あなたも、ダイエットに限らず、今まで目標を立てたことがあると思います。
そしてその中には、「達成できた目標」も、「達成できなかった目標」もあると思います。

さて、少しその時のことを思い出してみてください。

目標が達成できた時というのは、目標を立てた「意味」や「理由」が、きちんと理解できていませんでしたか?

逆に達成できなかった時は、目標を立てた意味も理由もうまく説明できずに、とりあえず「目標のための目標を立てた」という状態だったのではないでしょうか?

 

たとえば、ダイエットに成功できた人の場合、「友達の結婚式に出席するから○月○日までに○kg痩せる」といった「目的」と「目標」がきちんとリンクした例があります。

この場合、「友達の結婚式に出席するから」が目的です。

そして、「○月○日までに○kg痩せる」が目標となります。

 

ただ単に「○月○日までに○kg痩せる」と決めても、恐らくその目標を達成することはできません。
ですが、「痩せる目的」があれば、決めた目標を達成しやすくなります

 

何度も言いますが、「痩せること」自体が目的になっている人は、なかなかダイエットに成功できません
つまり、自分が「痩せてどうしたいのか?」が、はっきり思い描けていないと、途中で挫折しやすいということです。

 

ですからダイエットに成功する為に、まずはこの「目的探し」から始めてみましょう。

さて、あなたはナゼ痩せたいのでしょうか?

 

ぜひ考えてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ダイエットと心理学の専門家。2005年より人体の仕組みと心理学を融合したまったく新しいダイエット法を考案。現在までに、3000人以上のダイエット希望者を指導、目標体重・目標体型へと導く。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リアル・ダイエット , 2020 All Rights Reserved.